学びたい、楽しみたい。「自ら動く姿勢」が会社を変えていく。

浅羽
私は入社1年目のとき、先輩方に自分で書いたコードを定期的にチェックしてもらっていたんです。今でも案件を担当するたびご指導をいただいており、それはとてもありがたいのですが、力不足を思い知って打ちのめされることもよくあって。もちろん知見が増えている手応えはあるので、今後もミスを減らせるよう挑戦し続けていくつもりです。社長はいつもお忙しそうですが、最近している「新たな挑戦」は何かありますか?
佐藤
ジョイントベンチャーを作って、新サービスを立ち上げたことですね。というのも、以前からFORKが抱える課題として「受託ではなく自社サービスを経験したい」という理由で退職する人が一定数いたんです。FORKの中で新サービスを立ち上げていい、応援する、と言い続けてもそれほど効果がなくて。
杉村
そうなんですね。新規事業を立ち上げるとか面白そうなのに。
佐藤
まあでも「応援する」とだけ言って、上の人間は何もしない、というのはいいことではないので、来期からはもっと自社サービスに対して前のめりになっていこうと、まずは先行事例を作るのが狙いだったんです。課題はまだ山積みですが、事業の立ち上げに伴う悩みや失敗は、今後社内で共有できる財産になるはずだと思って前向きに捉えています。皆さんは何か「挑戦」したいことはある?
杉村
僕はせっかく多様な人材のいる会社に入れたので、スポーツの世界みたいに部署間トレードの仕組みづくりに挑戦できないか、と考えていて。部署や人ごとに違う仕事の進め方を見て、いろんな人の知見を盗みたいし、成長のヒントにしたいんです。
木梨
たしかにユニットをまたいでのノウハウの共有、というのはあまりないかもしれない。でも、そもそもユニット自体が「適材適所」になっているから、そこでしっかり学ぶほうが、効率が良いような……どっちなんでしょうか……??
佐藤
動きやすくローカライズされた「ユニット」を作るうえで、共有がしにくくなる面はトレードオフでした。でも来期以降はもっと内部横断的にユニットをまたいで案件に参加する、とかやってみたい業務にチャレンジできる機会を増やしたいと思っているんです。杉村くんをはじめ皆さん世代は比較的、人と交流を持つのに積極的ですよね。社内外のイベントにもよく参加してくれているし。
森岡
だって楽しいんですよ。社内イベントはもちろんですが、外部の方たちと関わるイベントだと他社の状況にも触れることができる。すごく視野が広がります。
浅羽
小学校でのワークショップも楽しんでやっています。子どもたちとふだん接することはないですが、発想が自由だから面白いし、刺激になる。それにいつもパソコンの前で座りっぱなしなので、違う形で手を動かし、何かを作るのがすごくいいリフレッシュになるんです。
佐藤
前回の対談で、高橋さんが「FORKっぽい=保守的で受け身なイメージがあった」と話していたでしょう。実際、昔は外に出てワイワイという感じではなかったんです。でもここ2~3年で入社した皆さん世代は、一人ひとりが積極的に交流を楽しんで、視野を広げようとしてくれる人が多い。そうやって会社をどんどん元気にしていってほしいな、と期待しています。
1 2 3 4